top of page

絞り


こんにちは いつもお引き立てを賜り誠にありがとうございます。


こちらは 経年劣化した絞りの部分を再生している所です。


絞りの状況に合わせて一つ一つ丁寧に絞っていきます。


熟練の技が必要となります。


そして大変根気のいる作業です。


閲覧数:41回

Comments


saiki_tit_08.jpg

ブログ

bottom of page