着物の螺鈿(らでん)修理 職人の技をご紹介


 着物の螺鈿(らでん)修理


今回ご相談いただきましたお着物は、上前のポイント柄、雷神様の白と螺鈿の一部が欠落していました。 螺鈿は、貝殻の内側に有る虹色に輝く美しい部分を薄く磨き上げた物で、伝統工芸に用いられる装飾技法の一つです。


螺鈿が割れた原因はわかりません。

普通では考えにくい事故です。

しかし、大切なお着物にこのようになったままでは気になりますよね。


螺鈿(らでん)という技法をご存じない方も多い中、こうして螺鈿(らでん)の修理を検索していただけていることを嬉しく思います。 白は、胡粉(ごふん)修正 螺鈿は張り替えました。


着物クリーニングの専門店だからこそできる対応がございます。


諦めていた着物のシミや破損などございましたら、一度ご相談いただければと思います。

閲覧数:25回
saiki_tit_08.jpg

ブログ